SSブログ

中川晃教Symphonic Concert 2018「Spring has come」in サントリーホール [音楽]

大知病もすっかり落ち着いた母さんが中川晃教さんの生歌を聴きに行ってみたよー。
ってことでしれっと更新。


大知クンに追い風が吹きまくっている何ともありがたい今日このごろ。
おごらず精進して欲しいものです。
ま、謙虚な彼なら心配無いけども。


とか言いつつ今回は中川さんネタ。
春の嵐が心配された日、サントリーホールへ行って参りました。
IMG_7541.jpg


綺麗な木目の壁には壮大なパイプオルガン。
心が落ち着くとっても素敵なホールなんだな。
会場は有閑マダムだらけ~。


クラシックに不慣れなもので。雑念が入り乱れまくりの1日。
オーケストラの女性陣の色とりどりな美しいドレス姿にポーッ(〃ω〃)
ノースリーブでお腹痛くならない??とか。
指揮者の方、育ちも性格も良さそうだわ~とか。


そして中川さん登場。
暖色の光に包まれた、ほの明るいステージにトコトコーッと。
なに?その衣装。菖蒲をイメージ?こどもの日??
とかもう色々心乱れて。


パイプオルガンの音色と共にスタートしたコンサート。
生歌‥‥、素晴らしい。
天にすぅーっと吸い込まれていきそうな美しいハイトーンボイス。


セットも無い丸裸状態でガン見の客席相手に歌うってすごい度胸!!
歌唱中は膝を屈伸したりクネクネしたり。
イントロで目つきが変わるのも興味深かったりして。


いろいろ当てられた母さん。
あれよあれよと1幕が終わり、第2幕。
こちらはミュージカル曲からスタート。


「フランケンシュタイン」からの「偉大なる生命創造の歴史が始まる」。
これは本当に凄まじかった!!
吠えるように歌うというのか。こういうエグいの大好き。
客席の興奮も最高潮へ。


ラストの曲はアカペラで。
もうマイク無しで良いやんって美声。
トークもおちゃめでほっこりしたコンサート。


曲によって様々な表現を見せる変幻自在な歌声。
ミュージカルでいろんな役を演じてらっしゃるからなのか。
常にベストを探り続ける求道者という印象( ・ω・)ノ


次回は「ひかりを聴け」オーチャードホールでお目にかかりますよー。
まさかの大知クンと中川さんの共演という俺得すぎコンサート。
オーケストラと大知クンがどんな相乗効果を生み出すのか楽しみ♪
中川さんとも一緒に歌って欲しいな。


「蜜蜂と遠雷」を読みながら準備中。
IMG_7552.jpg


分厚くて2段組に焦ったけどサクサク読め進んでおります。
恩田陸さんの本は初めて。
軟水のようにスイスイ入ってくる。


次の生歌は落ち着いて味わいたい。



蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷

  • 作者: 恩田 陸
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2016/09/23
  • メディア: 単行本



AKINORI NAKAGAWA CONCERT 2012“POPSSIC”

AKINORI NAKAGAWA CONCERT 2012“POPSSIC”

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: オクタヴィアレコード
  • 発売日: 2012/12/28
  • メディア: CD



BEST(AL2枚組+DVD)(スマプラ対応)

BEST(AL2枚組+DVD)(スマプラ対応)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SONIC GROOVE
  • 発売日: 2018/03/07
  • メディア: CD



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます