SSブログ

NHKホールの三浦大知「球体」を重く受け止めてしんどい

陰か陽かで言えば、明らかに陽。
そんな大知クンの完全独演という新プロジェクト「球体」。
事前情報は一切チェックせずにNHKホールへ。


たくさんのお花たちがズラズラーッ。
鶴瓶師匠もありがとうございます!
耳鼻科の先生まで。
IMG_7631.JPG


まさかの神席をmayuさんが当ててくれて!
ありがたいことこの上無しで臨みました。


‥‥が。
陰。圧倒的に陰。
そこにいたのはいつもの彼ではなく、喪失感に苦しんでる若者。
愛する人を失った男性が悲しみ、苦しんでいるストーリー。


目の前で繰り広げられる辛い表現。
ジトッとした湿度と悲しみ。
こちらも眉をひそめて見つめるばかり。


アルバムもまだ発売されていない曲たちで構成されたステージ。
初見で歌詞を聞き取るのも難しい。


目前での激しいダンスに心を奪われるし。
高音が綺麗に出てるなぁって感心したりもして。
情報処理がとても追いつかない‥‥。


マイクが見えなかったけど。
あのメガネがマイクだったのでは?とmayuさん。するどい。
口パクか?という疑問も出てたらしいですが、ちゃんと生歌でしたよー。


彼にとって彼女の存在は世界そのものだった。
完璧な調和(=球体)を保っていた彼を取り巻く環境。
しかしパートナーの喪失により、世界はいびつに壊れ。
苦悩し続ける彼をよそに、地球(=球体)は淡々と時を刻んでいく。


そう感じました。
アルバム発売後に歌詞をちゃんと読めば理解が深まるんでしょうね。


ラストに汽笛が鳴って。
前向きに彼が進みだせる出発の合図なのかと希望を持ちましたが。
どうなんだろ?


あの苦しみはパートナーとの死別に感じられ。
とてもしんどく受け止めてしまいました。
生大知にハッピーな気持ちにさせてもらおうと思って行ったのに。
まさかの鬱展開。


ま、しかし。
彼がやりたいことをやらせてもらえているのはとても嬉しいこと!
今回は暗い内容だったけど。
独演プロジェクト、今後も見守らねば。


秋からのツアーで幸せにしてもらお。


球体(AL+DVD)(スマプラ対応)

球体(AL+DVD)(スマプラ対応)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SONIC GROOVE
  • 発売日: 2018/07/11
  • メディア: CD






nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます